銀行カードローン

カードローンの種類とその利点

ちょっとした入用から高額の融資まで、困ったときに頼りになるのがカードローンです。最近では環境が良くなったこともあり本当に便利に利用できます。

例えば申込もネットから簡単にできて、その際の審査結果も一瞬でわかります。借りる時、そして返すときもネットやコンビニを利用することで銀行の営業時間に縛られることなくできるようになりました。

こうした便利なカードローンですがその運営元の企業によって特徴がなかり違ってきます。これを知っておけば初めて契約する方でも自分にあったものをきちんと選べるはずです。カードローン会社の種類は大きく分けて、次の3つに別けられます。

・消費者金融系カードローン
使い勝手がよく小口での借入に向いているカードローンです。そのため最もポピュラーなカードローンで、初めての方にもおすすめできます。

・信販系カードローン
クレジット会社のカードロ-ンサービスで、クレジットカードに付属したものを持つ人が多いカードローンです。買い物から借入までカード一枚でできてしまうので使い分けが煩わしい方にはピッタリのカードローンです。

・銀行系カードローン
銀行が行なっているカードローンサービスで金利が安く融資限度額が高いことが特徴です。その反面審査が他のカードローンに比べると少し厳しくなっていますが高額の融資を検討しているなら間違い無くこのカードローンがおすすめです。

それぞれの特徴をよく理解して自分とってよりお得な会社を選べるようになってください。

あなたにぴったりのカードローン会社を選ぶなら


あなたにとって最もお得なカードローン

カードローンを使うとき、あなたはどのようにその会社を選んでいますか?それぞれ狙いはあると思いますが多くの方がその金利の安さに目を着けるはずです。

確かに金利を抑えることで負担を減らすことができますが、まだこれだけでは不十分です。そこから更にあなたが希望する金額に合わせた会社選びが必要になってきます。

例えば急を要する場合なら審査が早く即日で借りられる会社を探すはずです。それと同じように用途ごとに最もお得な会社を探していきます。

まず小口での借入なら無利息キャンペーンを行なっているカードローンがおすすめです。こうしたキャンペーンは一定の期間内に返すことが条件なので小口の借入の際にこそ生きてきます。

ちょっとした入用の際などに利息なしで借りられるわけですから、返済時の負担も限りなくゼロに近くなります。ただその期間内に返せない場合は通常通り金利がかかってくるので、その点には注意してください。

今度は逆に大口での借入を考える場合は、融資限度額が高くなるべく低金利で借りられるカードローンを探してみましょう。すぐに返せてしまう金額ではないので、最終的にいくらの利息がつくかで比較してみると会社ごとの差がよく見えてくるはずです。

こうした状況に合わせて上手カードローンを利用するために私の場合は全部で3社の会社と契約しています。カードローンを使うときに考えられる状況を洗い出して選んで行きました。

実際に利用して思うことは、やはり使い分けが出来るという点で負担はかなり小さくできますし、必要になってから焦って申し込むということがなくなります。

デメリットとして返済時に少し手間は増えますが、最近のカードローン会社なら前日に知らせてくれるサービスなどもあるので特に大変だと感じるほどではありません。

そういった手間を差し引いてもその恩恵はかなりのものです。これを読んで興味が湧いた方は↓に私が使っている会社を載せておきます。ぜひ会社選びの参考にしてみてください。

信頼出来るカードローン会社を探している人へ